インベストクライマーMの投資日記

ボルダリングと投資をこよなく愛する30台独身兼業投資家の投資ドキュメンタリーです。 3年前に100万円を元手に株式投資スタート。 最終目標は2億円で配当生活する事。 先ずは2020年までに1000万達成が目標です。 また先月からセルフ月一万選書も始めたので、オススメの本もたまに紹介します。

スポンサーリンク

今週の気になる銘柄、ニュースをチェック。

皆様こんにちは。マサです。

f:id:masaakiogawa0512:20180701182833j:image

 

さて、本日も今週の気になる銘柄、ニュースをチェック。

 1月4日 PTS値上がりランキングより

モーニングスター [ PTS値上がり率株式ランキング]

 値上がりTOP5

※出来高1,000株以下は除外

  1. 3892 岡山製紙 
  2. 4992 北興化 
  3. 6944 アイレックス 
  4. 7564 ワークマン 
  5. 4335 IPS 

この中で私が気になったのは

  •  4335 IPS 

 アイピーエスはストップ高、独SAPが認めたクラウド分野の実力見直しへ
 アイ・ピー・エス<4335>は全般悪地合いのなかストップ高。中堅企業を主要顧客ターゲットとして企業の情報システム構築やERP導入を支援するビジネスが好調、19年6月期は営業利益段階で前期比倍増の1億4000万円を計画している。また、会社側ではクラウドによるERP導入を当該企業と関係を結ぶ契機とし、コンサルティングや追加開発投資などで利益を伸ばす方針にあり、中期的な成長期待が強い。独SAPのパブリッククラウド認定パートナーの第1号に選ばれるなどその実力には定評がある。

さすがに今の相場でS高銘柄を高値掴みしにいく勇気はありませんが、チャートは大好物の上場ゴールチャートなので、今後も監視は続けていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【特集】新年お年玉「中小型材料株」大化け期待の選りすぐり“7銘柄” <新春特別企画 第2弾>より

kabutan.jp

  • アイル <3854>

 

アイル <3854> [東証2]はボックス下限の900円近辺まで水準を切り下げたが、時価は拾い場となっている公算が大きい。同社は中小企業向けを軸に基幹システムの開発を手掛け、人材派遣サイトも運営、2011年7月期以降、トップラインは増収トレンドから軌道を外したことがない。AIを使ったソフト開発やブロックチェーン分野にも注力の構えをみせ、先端技術分野への取り組みは高く評価できる。ヤマトホールディングス <9064> グループと提携関係にあることもポイントで、同社が提供するBtoB・ECシステム「アラジンEC」はヤマトクレジットファイナンスの「クロネコ掛け払い」と連携するなど業容を広げている。スマートフォンを利用したキャッシュレス決済にも積極的に踏み込んでおり、アマゾンジャパンなどと連携し体験イベントを開催するなど、同分野への布石に抜かりがない。19年7月期営業利益は35%増益の7億1000万円予想と急成長が続く見通し。

kabutan.jp

アイルは以前保有していた事があり、手放した後に後悔した銘柄のひとつです。

株価も良い位置まで調整しているので、再び1,000円を割れる事があれば、買ってみてもいいかなと思っています。とはいえ、既に保有銘柄を増やし過ぎたのでますは整理しないと...w

 

投資は自己責任でお願いしますね☆

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク