インベストクライマーMの投資日記

ボルダリングと投資をこよなく愛する30台独身兼業投資家の投資ドキュメンタリーです。 3年前に100万円を元手に株式投資スタート。 最終目標は2億円で配当生活する事。 先ずは2020年までに1000万達成が目標です。 また先月からセルフ月一万選書も始めたので、オススメの本もたまに紹介します。

スポンサーリンク

今週の気になる銘柄、ニュースをチェック。

皆様こんにちは。マサです。

f:id:masaakiogawa0512:20180701182833j:image

 

さて、本日も今週の気になる銘柄、ニュースをチェック。

 11月16日 PTS値上がりランキングより

モーニングスター [ PTS値上がり率株式ランキング]

 値上がりTOP5

3321 ミタチ産業 
4392 FIG   

3674 オークファン  
2743 ピクセル  

3925 ダブルスタンダード 

この中で私が気になったのは、

  • 3321 ミタチ産業 

kabutan.jp

 

 ミタチ産業、上期経常を34%上方修正、通期も増額
 ミタチ産業 <3321> が11月16日大引け後(15:00)に業績修正を発表。19年5月期第2四半期累計(6-11月)の連結経常利益を従来予想の5.3億円→7.1億円(前年同期は9.5億円)に34.0%上方修正し、減益率が44.5%減→25.7%減に縮小する見通しとなった。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の11.1億円→12.9億円(前期は14億円)に16.2%上方修正し、減益率が21.2%減→8.4%減に縮小する見通しとなった。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  第2四半期累計連結業績予想につきましては、自動車関連分野の半導体・電子部品・設備販売およびEMSなど全般的に堅調に推移し、前回予想を上回る見込みであります。通期業績予想につきましては、自動車関連分野は継続して堅調に推移するものの、産業機器分野において、設備投資の減速が予想以上にみられるようになり、工作機械向け組付け受注が減少する見込みであります。このような業績の進捗状況を踏まえ、前回発表予想を修正いたします。

kabutan.jp

 

年初につけた高値からずっと調整が続いていたようですが、下の窓も埋め、今回の上方修正で一旦底を打ちそうですね。

ただ、会社側の説明で、産業機器分野の不透明感が増しているので、ここからの本格的な反転上昇には至らないような気がします。

おそらく、ここから先しばらくボックス相場が続くのではないでしょうか。 

 

スポンサーリンク

到来「仕掛け」絶好機、決算通過で急騰秒読み“小型株最強選抜”10銘柄 <株探トップ特集>より

kabutan.jp

 

 新日本建物 <8893>

新日本建物 <8893> [JQ]は底値買いのチャンスとみられる。銀行の投資不動産向け融資が減速傾向にあるなか、不動産流動化関連銘柄に売り圧力が強まり、同社株もその影響を受けたが明らかに時価は売られ過ぎ。投資用マンション市況は頭打ち感が出ているにせよ、同社が注力するオフィスやホテル向けなどのリノベーション需要は旺盛だ。19年3月期はホテル開発や事業用地売却の可能性があるが、この売却益を加味しなくても営業大幅増益が濃厚。PER4倍台で、配当利回りは4%近くに達しており、株価200円台半ばは値ごろ感もあり早晩見直し人気に乗りそうだ。今年5月8日には500円台に乗せる場面があり、そこから時価はちょうど半値水準にディスカウントされている。

昨今の不動産業界不祥事でチャートは大底圏で推移していますね。

投資用不動産しか扱っていない会社だと、底値圏でも躊躇してしまいますが、同社はリノベーションに注力しているそうなので、今の株価なら割と安心して購入できそうです。

 

それでは皆さん良い週末を!

 

投資は自己責任でお願いしますね☆

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク