インベストクライマーMの投資日記

ボルダリングと投資をこよなく愛する30台独身兼業投資家の投資ドキュメンタリーです。 3年前に100万円を元手に株式投資スタート。 最終目標は2億円で配当生活する事。 先ずは2020年までに1000万達成が目標です。 また先月からセルフ月一万選書も始めたので、オススメの本もたまに紹介します。

スポンサーリンク

今週の仮想通貨運用報告。

皆様こんにちは。マサです。

f:id:masaakiogawa0512:20180825104658j:image

今週の仮想通貨運用報告。

 

コインチェック

資産残高

f:id:masaakiogawa0512:20181103135504j:image

先週:38,700円

今週:38,988円

前週比:288円

 

リップルXRP

f:id:masaakiogawa0512:20181103135516j:image

先週:51.121

今週:51.493

前週比:+372

 XRPについて、気になるニュースはこちら

coinpost.jp

1971年創業で、株式や金融機関、仮想通貨などの格付けを行う世界有数の米格付け企業Weiss Ratingsが、11月1日に仮想通貨の評価を改めて行い、更新した。

前回の格付けでは多くの通貨評価が格下げされ、XRP・EOS・Cardano(ADA)が「B-」の評価を受けていた。

今回は以前と比べ、それほど順位に変動はなかったが、XRPがワンランク格上げされ全通貨中唯一の「B」を獲得し、単独一位となった。

また以前コインポストでもお伝えしたように、中国行政機関CCIDが仮想通貨に関する第6回パブリックチェーン技術評価を公表し、リップル(XRP)が15位→7位まで順位を大きく伸ばすなどリップルの評価は着実に上がっていると言えるだろう。

今回のWeiss Ratingsの仮想通貨格付けの結果は以下にまとめた。

着々と提携先を広げ、評価を高めていますね。

実用面でいえば間違いなくトップクラスなので、他のアルトコインと比べて無価値になる可能性はどんどん低くなっているように感じます。

ただ、実用的なのと、値上がりするのは必ずしもイコールの関係ではないと思っているので、これから様々な分野で実用化された時に果たしてXRPの価値は上がるのか、まだ確信は持てません。

 

スポンサーリンク

 

 

ビットポイント

f:id:masaakiogawa0512:20181103135529j:image

資産残高

先週:29,424円

今週:29,420円

先週比:-4円

ビットコイン・BTC

f:id:masaakiogawa0512:20181103135600j:image

先週:717,980円

今週:717,784円

前週比:-196円

BTCについて、気になるニュースはこちら

coinpost.jp

10月の重要指標としての株式市場は、本日日経新聞の報道にもあったように、10月の日経平均株価は月間で、2199円58銭(9.1%)安と5ヶ月ぶりの下落、リーマン・ショック直後の2008年10月来の下落幅になるなど、厳しい状況が続いていた。

後述する株式市場レポートでも内容を追記するが、29日の「信用買い評価損益率」が、世界同時株安による大暴落でチャイナショックを上回る-30.29%を記録するなど、個人投資家の余剰資金も厳しい状況にあったといえる。

しかし、仮想通貨市場全体の不安材料とされた懸念材料「テザーの乖離」だけでなく、高い相関性を示していた株式などの日米金融マーケットも米国株高に加え、日経平均が大幅続伸と、一時的な間接的要因による仮想通貨市場への影響の点では、状況的は悪くないと言える。

不安定な相場にも関わらず、BTCのボラティリティは低いままですね。

この溜まっているエネルギーが上に行くのか下に行くのか分かりませんが、もうしばらく我慢の時が続きそうです。

ただ、着実に仮想通貨に対する枠組みが整備されてきているので、あまり悲観はしていません。

 

イーサリアム・ETH

f:id:masaakiogawa0512:20181103135543j:image

先週:22,790円

今週:22,665円

前週比:‐125円

イーサリアムで気になる記事はこちら

coinpost.jp

 プラハで開催されたカンファレンスDevcno4にてヴィタリック・ブテリン氏は次期アップグレード「セレニティ」に関して強い期待をみせた。

また同氏は、このアップグレードに従いETHの価格は高騰するだろうと発言している。

イーサリアムの共同設立者ヴィタリック・ブテリン氏は、プラハで行われたDevcon4にて登壇を行なった。

同氏は次期アップグレード「セレニティ」がネットワーク速度を大幅に向上させ、イーサリアムのスケーラビリティキャパシティは1000倍にまで達するだろうと発言している。

近頃、弱気発言が目立っていたヴィタリックが久しぶりに強気な発言。

これは期待せざるを得ないですね。 

 

気になるニュース

coinpost.jp

 仮想通貨取引所における市場操作などの攻撃やトラブルを改善できると世界最高峰の証券取引所NASDAQが述べたとブルームバーグが報じた。

NASDAQが1日に公開した資料によると、同取引所が開設の1971年以降、培ってきた証券や通貨の取引を監視する独自ツールがトラブルの絶えない仮想通貨取引所における市場操縦など攻撃のリスクを削減できるそうだ。

規制当局やブローカー、そして取引所は全ての取引を監視して、先端技術を駆使してパンプ・アンド・ダンプ、インサイダー取引、仮想売買やスプーフィング攻撃などの違法行為が行われていない事を常にチェックする監視チームを持っている。

このようにNASDAQが仮想通貨市場に欠かせない取引所において同社の独自技術を利用すれば仮想通貨業界を煩わせる市場操縦など、多くの問題を削減できる事を示唆した事が注目を浴びている。

仮想通貨市場を俯瞰してみると、確実にFX市場のように取引環境が整備されてきているので、メジャーなコインに関してはおそらく無価値になることは無いのではないでしょうか。 

 

それでは皆さん良い週末を!

 

投資は自己責任でお願いしますね☆

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク