インベストクライマーMの投資日記

ボルダリングと投資をこよなく愛する30台独身兼業投資家の投資ドキュメンタリーです。 3年前に100万円を元手に株式投資スタート。 最終目標は2億円で配当生活する事。 先ずは2020年までに1000万達成が目標です。 また先月からセルフ月一万選書も始めたので、オススメの本もたまに紹介します。

スポンサーリンク

今週の気になる銘柄、ニュースをチェック。

皆様こんにちは。マサです。

f:id:masaakiogawa0512:20180701182833j:image

さて、本日も今週の気になる銘柄、ニュースをチェック。

 

先週末好決算銘柄

先ずは最高益を上乗せ

  • トレードワークス <3997> 

Tワークス、今期経常を43%上方修正・最高益予想を上乗せ

トレードワークス <3997> [JQ] が8月3日大引け後(15:00)に決算を発表。18年12月期第2四半期累計(1-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比3.2倍の4億9600万円に急拡大した。

併せて、通期の同利益を従来予想の3億7700万円→5億3900万円(前期は1億9600万円)に43.0%上方修正し、増益率が92.3%増→2.8倍に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

 

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の経常利益は前年同期比0.0%の4300万円とほぼ横ばいの計算になる。

同時に、期末一括配当は引き続き未定とした。

株探ニュース

 事業内容は今後も需要が減ることはないでしょうし、四季報の各指標も良好で魅力的ですね。もう少しPERが低いと嬉しいところ。

監視対象に入れておこうと思います。

 

業績を上方修正した銘柄

  • RS Technologies <3445> 

 RSテクノ、上期経常を44%上方修正

RS Technologies <3445> が8月3日大引け後(15:15)に業績修正を発表。18年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想の16.8億円→24.2億円(前年同期は15.9億円)に44.2%上方修正し、増益率が5.2%増→51.7%増に拡大する見通しとなった。

なお、通期の経常利益は従来予想の38.9億円(前期は32.2億円)を据え置いた。

株探ニュース

引き続き半導体関連は好調のようですね。

こうなってくると、現在売り込まれているタツモが来週どのような値動きをするのか興味深いですね。

 

スポンサーリンク

上期計画超過した銘柄 

  • ホシデン <6804>

ホシデン、4-6月期(1Q)経常は96%増益・上期計画を超過

ホシデン <6804> が8月3日大引け後(15:20)に決算を発表。

19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比95.8%増の44.5億円に拡大し、4-9月期(上期)計画の44億円に対する進捗率が101.3%とすでに上回り、さらに前年同期の34.1%も超えた。

 

直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の4.0%→3.6%に悪化した。

株探ニュース

チャートを見ると高値からだいぶ調整していますね 。

この決算を受けて本格的に反発するのか見どころです。

 

個人的に気になる銘柄

株探【特集】10万円以下で買える、3期連続最高益「お宝候補」36社選出 【東証1部】編 <割安株特集>より

  • ネクステージ<3186>

ネクステージ<3186>は9日、2018年11月期第2四半期(17年12月-18年5月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比31.4%増の756.41億円、営業利益が同25.7%増の20.16億円、経常利益が同18.7%増の18.66億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同12.7%増の12.07億円となった。

収益改善に取り組むべく、車検・整備設備や買取事業への資本投入を行いサービス提供機会の獲得を行った。出店は、2018年4月にSUV在庫台数日本一を誇るSUVの大型専門店をオープンし、既存店に併設して買取専門店3店舗を出店した。正規輸入車ディーラーは、2018年4月にジャガー・ランドローバー正規販売店を三重県松阪市と四日市市に同時オープンし、店舗は3店舗となった。また、2018年3月に連結子会社のNEWが大阪府内最大級の規模を誇るフォルクスワーゲン正規ディーラーの第1号店をオープンし、グループを挙げて新車販売事業の拡大も図っている。

中古車販売事業は、関西地方1拠点(1店舗)、併設店として買取専門店1店舗を出店した一方、東北地方、東海北陸地方及び関西地方の併設店(3店舗)を統合した。また、北海道東北地方、九州沖縄地方に併設店として買取専門店2店舗を出店したことにより、当第2四半期連結会計期間末の拠点数は49拠点(77店舗)となった。

新車販売事業は、東海北陸地方2拠点(2店舗)、関西地方1拠点(1店舗)を出店し、当第2四半期末の拠点数は8拠点(8店舗)となった。

その結果、当第2四半期末の拠点数は57拠点(85店舗)となった。

2018年11月期通期の連結業績予想については、売上高は前期比13.5%増の1,350億円、営業利益は同9.4%増の38億円、経常利益は同12.0%増の37億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同10.5%増の25億円とする期初計画を据え置いている。

《MH》

 提供:フィスコ

先日、久しぶりに再会した前の会社の先輩が、ネクステージで新車を買ったようですが、値段を聞いてかなり驚きました。

トヨタのネッツ系列のディーラーから新車を安く仕入れ販売しているようです。

先輩は現金で買ったにもかかわらず、最初の一年はネクステージに所有権をつけることが条件のようで、どうやら、転売を防ぐのが目的のようです。

どうやって、新車(新古車ではなく、まっさらの新車)をトヨタディーラーから格安で仕入れているのか非常に気になりますね。

 

それでは皆さん良い週末を!

 

投資は自己責任でお願いしますね☆

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク