インベストクライマーMの投資日記

ボルダリングと投資をこよなく愛する30台独身兼業投資家の投資ドキュメンタリーです。 3年前に100万円を元手に株式投資スタート。 最終目標は2億円で配当生活する事。 先ずは2020年までに1000万達成が目標です。 また先月からセルフ月一万選書も始めたので、オススメの本もたまに紹介します。

スポンサーリンク

株式投資を始める人にお勧めのサイト10選。

皆様こんばんは。マサです。

f:id:masaakiogawa0512:20180714093711j:image

さて、今回は私が株式投資を行う上で良く利用しているホームページについてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

①四季報オンライン

言わずと知れた、四季報のオンライン版です。

ベーシック会員は月々たった1,000円で有料会員限定記事や、スクリーニング、フォルダが使用可能など、コスパ抜群なので、これだけはお金を払ってでも有料会員になることをお勧めします。

むしろ紙の四季報は買わなくてもいいかもしれません。紙なら四季報プロ500の方が良いです。

 

②株探

四季報オンラインと並んで欠かせない必須サイト。

最近では株探の記事から火がついて急騰する銘柄があるほど影響力があります。

銘柄選びから決算速報までマルチに使える凡庸性がグッド。

 

銘柄探検では、上方修正期待銘柄を見つけることが出来るので、僕も愛用しています。

有料のプレミアム版は、5年分の修正履歴がみられるなどの特典あり。

ただし、月額約2000円は少し厳しい上に、最新の四季報では大まかではあるものの、修正履歴が載るようになったので、プレミアムに入るのは余裕が出来てからでも良いと思います。

 

③バフェットコード

財務分析をする上で必須の投資指標が一通り掲載されいます。

最近投資家ツイッター界でも、便利すぎると話題。

投資初心者に優しい、バフェット銘柄など、運営さんがあらかじめテーマに沿って絞ってくれたスクリーニングも見れるのが凄くいい!

無料なので、ぜひ活用してみて下さい。 

 

④理論株価Web

スロートレードで有名なはっしゃんさんが管理されているホームページです。

気になる企業の理論株価が一目で分かります。

理論株価はあくまでも理論上の株価でしかないので、これを鵜呑みにして投資するのは非常に危険ですが、その企業のポテンシャルを知るうえでは非常に参考になると思います。

 

⑤日本経済新聞

有料会員にならなくても、適時開示や企業の決算スケジュールを確認する上で非常に重宝します。

 

会費が4,200円と決して安くはありませんが、有料会員になると、適時開示で気になった銘柄をそのままフォルダに登録出来て管理しやすそうなので、お金に余裕があれば、有料登録するのも有りですね。

  

⑥みんなの運用会議

株式会社リンクスサーチさんが運営しているホームページで、企業のリサーチに関する記事は非常に勉強になります。

企業分析のスキルを身につけるには打ってつけのサイトです。

 

⑦会計ステーション

会計の知識が無く、これから財務諸表や決算資料を読めるようになりたい人にお勧め。

単に読み方を説明している訳ではなく、各指標の特性を使ってスクリーニングした企業についての説明や、実際の企業を使った分析を通して説明してくれているので、非常に分かりやすく、会計の苦手な私はとても助かっています。

 

⑧ブルームバーグ

投資をするなら、日経と並んで読むべきニュースサイト。

ブルームバーグは金融に特化しているので、一日に一度は目を通しておくことをお勧めします。

 

⑨ロイター

ロイターは政界情勢を知るうえで欠かせないサイトです。

このサイトのニュースを起点として、米国のマーケットが荒れることもあるので、こちらも一日に一度は目を通しましょう。

 

⑩投資家ネット

IR動画や、企業研究コーナーがgood。

企業研究コーナーでは、インタビューを通して、その会社の経営者の考え方が分かるので一読することをお勧めします。

また、申し込みすれば、無料で定期購読できる冊子が毎月届くので、こちらも登録しておいて損はないのではと思います。

 

とりあえず、今回紹介したサイトを使えば、最低限の知識や投資環境は確保出来ると思います。

是非、各サイトをブックマークして有効活用してください。

 

では、良い週末をお過ごしください。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク