インベストクライマーMの投資日記

ボルダリングと投資をこよなく愛する30台独身兼業投資家の投資ドキュメンタリーです。 3年前に100万円を元手に株式投資スタート。 最終目標は2億円で配当生活する事。 先ずは2020年までに1000万達成が目標です。 また先月からセルフ月一万選書も始めたので、オススメの本もたまに紹介します。

スポンサーリンク

2018年6月の投資活動を振り返る

皆様こんばんは。マサです。

 f:id:masaakiogawa0512:20180203102313j:image

さて、今回は6月の投資活動を振り返りたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

2018年1月成績+271,672円

2018年2月成績+169,838円

2018年3月成績+246,495円

2018年4月成績-89,424円

2018年5月成績+46,958円

2018年6月成績-402,505円

合計+243,034円

f:id:masaakiogawa0512:20180630232353j:image

6月は残念ながら大幅なマイナスでした。

 

最大損失はエスケイジャパンの485,825円・最大利益はエイチームの63,102円と、利益と損失のバランスが最悪でした。

 

やはり先月の時点で最大の含み損を抱えていたエスケイジャパンを損切りしたのが大きかったですね。

 

また、期待していたリミックスポイントは思ったほど上昇せず、肩透かしだったのも痛かったです。

 

かろうじて年初来プラスを維持していますが、この先もこのようなトレードをしていれば直ぐマイナスになりそうな厳しい地合いが続いているので、気を引き締めて頑張ります。

 

良かった点(出来た事)

ファーマフーズ 早めの損切りで損失拡大回避。

カッシーナを絶妙なタイミングで利益確定。

投資関係の本を読み漁る。

毎日、相場概況をチェック。

悪かった点(出来なかった事)

 リミックスポイント利益確定後の入り直しのタイミングを見誤った。

ポジションサイジング・マネジメントが上手く出来ていない。

大局観を掴めていない。

未だに行き当たりばったりなトレードが多い。

 ツイッターなど第三者の情報に流されやすい。

 

6月予定・目標を振り返る。

  1. 給料日に南アフリカランド購入=〇
  2. Kabuberryに参加=〇
  3. 相場がリスクオンの状態のときに、プットオプション購入。=△
  4. 損切りの徹底=△
  5. 建玉コントロール技術の向上=△
  6. スクリーニングセンスの向上=〇
  7. 保有銘柄、今後新規に購入する銘柄にか関しては、なぜ買ったなど、メモを残して管理する。=△
  8. ヤフーファイナンス、株探で毎日、上昇・下落ランキング・年初来高値更新銘柄をチェック。合わせて、株価変動の要因もチェックする。=〇
  9. カタリストについて研究。=✖
  10. 株に関する書籍を読み漁る。=〇

概ね達成か、絶賛習得中の状態がほとんどなのは良かったかなと思います。

6月は最大の損切りの後、とにかく勝つための環境の下地を作る一か月でした。

 

7月予定・目標

  • 給料日に南アフリカランド購入
  • 相場がリスクオンの状態のときに、プットオプション購入
  • 損切りの徹底
  • 建玉コントロール技術の向上=継続
  • スクリーニングセンスの向上=継続
  • 保有銘柄、今後新規に購入する銘柄にか関しては、なぜ買ったなど、メモを残して管理する方法を確立する。
  • ヤフーファイナンス、株探で毎日、上昇・下落ランキング・年初来高値更新銘柄をチェック。合わせて、株価変動の要因もチェックする。=継続
  • カタリストについて研究。
  • 株に関する書籍を読み漁る。=継続
  • 投資銘柄を現物3銘柄~4銘柄に絞り集中投資。
  • むやみやたらに銘柄を乗り換えず、じっくり腰を据えて待つ。
  • お金に余裕あれば、イーサリアム購入検討

エスケイジャパンの損切り・リミックスポイントの予想外の動きに苦しんだ一か月。

KabuBerryに参加。投資に絶対の成功法則は無いと確信。

今月はとにかくスタートが最悪だったので、そこから如何に体制を立て直すかにもがき苦しみました。

未だに体制は立て直しきれていませんが、徐々に自分なりの勝ち方が見えてきたように感じます。

 

前回のキャッシュフローゲーム会と今月参加したKabuBerryから、論理的にトレードしようと、感覚的にトレードしようと、時間を味方につけて、とにかく相場が悪い時でも相場で生き残り、相場に居座り続け、景気循環の良い波に乗れた人が億万長者になっているんだなと確信しました。

 

今後、いつ大暴落がやってくるか分かりませんが、私も相場で生き残って、次の景気の大きな波に乗れるよう頑張りたいと思います。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク