高配当株と高金利通貨が大好き!な三十路男子のトレード日記

高配当株と高金利通貨が大好きな三十路男子の日記です。

スポンサーリンク

日報 決断の結果危機を神回避

株式現物

f:id:masaakiogawa0512:20170908165407j:image

株式信用

f:id:masaakiogawa0512:20170908165416j:image

株式資産評価一覧

f:id:masaakiogawa0512:20170908165444j:image
短期目標300万まであと1,094,392円
中期目標1000万まであと8,094,392円
長期目標1億まであと98,094,392円

保有株騰落一覧

f:id:masaakiogawa0512:20170908165342j:image

プラス→3銘柄 マイナス→4銘柄
外貨FX
トルコリラ/円

f:id:masaakiogawa0512:20170908165513j:image

スワップ 350.32円
目標

短期 1万トルコリラまで8,400トルコリラ

中期5万トルコリラまで48,400トルコリラ

長期10万トルコリラまで98,400トルコリラ

 

感想
本日の保有株含み損益は前日比+4,200円となっています。

実は今日、大きな決断をしました。

先日、長期保有目的なので売るつもりは無いと宣言したばかりのアピックヤマダを後場寄りに全て売却しました。

なぜ売却しないと宣言したばかりの株を全て売却してしまったのか?

 

本日の場中に下記内容のIRが開示されました。 

 

6300 アピックヤマダ 連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象(臨時報告書 

 

この文章の中で特にキャッシュ•フローの状況に著しい影響を与える事象という部分が自分にはとても引っかかりました。

半導体関連の中でもこれから活用域が広まっていく製品で唯一実績を上げている機種を有しているアピックヤマダの将来性は受注残をみても明らかですが、キャッシュフローが悪化すれば当然倒産のリスクも格段に上がると解釈しています。

売り上げが悪い訳でもなく、受注残をみても余程倒産する心配は無いと思いますが、信用取引分をそろそろ現引きしたいと考えていた中で仮にアピックヤマダの株価が今後大幅に下がって塩漬け状態になってしまうと換金したくても出来ない状況に陥ってしまう恐れがあります。

北朝鮮問題がどこまで長引くか見当もつかない中、信用での取引は控えた方が良いと考え、今回は思い切ってほぼ同値撤退でアピックヤマダを全て売却し、アイドママーケティング以外の信用取引分を全て現引きしました。

アイドママーケティングも時期を見て全て現引きする予定です。

f:id:masaakiogawa0512:20170909001313j:image

これでひとまず地政学リスクがさらに悪化しても追証になる可能性がほぼゼロになったので精神的にスゴく楽になりました。

また、取引終了後アピックヤマダの1Qが開示されたのですが、内容はサプライズ無しの微妙なもので、週明けは短期でサプライズ決算またぎした個人の投げで下げそうなので、泣く泣く売却した結果決算またぎ損を神回避する事が出来ました。

 

 

スポンサーリンク